埼玉ゆかりの芸術家展、開催中!

 
 
      
開催中の展覧会
  埼玉ゆかりの芸術家展
    〜未来へと続く懐古的な想い〜
    
        
     
 
会期:2016年4月16日(土)〜9月4日(日)
 
 
開館時間:10:00〜17:00
 
 
休館日:月曜日(7/18は開館し、7/19は休館) 
 
 
跡見 泰《早春麗日》 1947年 油彩・キャンバス 79.0×90.0cm
 
 

 
  ■ 展覧会概要
 

 開館から16年目を迎えるサトエ記念21世紀美術館では『埼玉ゆかりの芸術家展 〜未来へと続く懐古的な想い〜』を

  開催いたします。様々な題材、技法を駆使し、芸術家たちが描いた作品には、どのような想いが込められていたのでしょうか?
 

作品には芸術家たちの美意識だけでなく、経験や感情が色濃く投影されてます。現在では「過去」となってしまった作品の

  「現在」を改めて想像し、追体験する機会となれば幸いです。本展では郷土・埼玉が育んだ画家たち24名の作品を
  当館コレクションを中心に一堂に集めご紹介いたしますので、ご来館をお待ちしております。
   
   
  ■ 展覧会概要
  斎藤豊作/跡見 泰/斎藤与里/田中 保/寺内萬治郎/奥瀬英三/奥森多加史/高田 誠/渡邉武夫
  斎藤三郎/相原求一朗/松永敏太郎/大野百樹/斎藤英一/川村親光/玉之内満雄/寺井力三郎/黒沢信男
  小松崎邦雄/塗師祥一郎/小川 游/青柳芳夫/青柳ナツエ/吉岡正人    (生年順・順不同)
                                                                  
 
 
       
 
 
       
 
 
 
  1段目左:玉之内満雄《ノルマンディーの室内》 1988年 油彩・キャンバス 162.1×130.3cm
  1段目中:渡邉武夫《樹々》 1962年 油彩・キャンバス 145.3×96.7cm、1段目右:吉岡正人《沼人》 1995年 テンペラ・油彩・キャンバス 145.2×111.8cm
  2段目左:小川 游《雪景俯瞰・朱鞠内湖》 1999年 油彩・キャンバス 130.3×194.0cm
  2段目中:寺井力三郎《 征ちゃんと機関車 》 1996年 油彩・キャンバス 112.1×194.0cm
  2段目右:小松崎邦雄《灯ともし頃》 1991年 油彩・キャンバス 130.4×162.1cm
      
 
Copyright(C)2016 SATOE MEMORIAL ART MUSEUM OF 21ST CENTURY All Right Resarved